TOP
家づくりノウハウ
2022.12.26

注文住宅の予算に影響!住宅ローンの金利0.1%の差で総返済額がこんなに変わる

住宅の予算
注文住宅を購入する際、ほとんどの人が利用する住宅ローン。しかし、住宅ローンの金利はわずか0.1%違うだけで、総返済額が大きく変わることをご存じでしょうか。知らないうちに払わなくてもいいものを、払うことになるかもしれません。
そこで今回は、金利の基本情報、0.1%で変わる総返済額、鳥取県の注文住宅の平均価格などをご紹介します。島根県松江市、安来市内、鳥取県米子市、境港市で新築の注文住宅をご検討中の方は、予算の参考にしてみてください。

目次

金利とは何?

金利とは、お金を借りる際に、借りた金額に対して支払う利息の割合のこと。クレジットカードを使って、分割払いやキャッシングをした場合も金利がかかるので、知っている人も多いかと思います。

金利は借りる期間によって分類され、1年は年利、1か月は月利、日ごとは日歩(ひぶ)と3つあります。住宅ローンの金利は、年利で表記されることがほとんどです。

金利の種類は3種類

住宅ローンの金利は3種類あります。それぞれの特徴について大まかに解説していきましょう。

変動金利

一定期間ごとに適用する金利の見直しをされるのが変動金利です。一般的に、変動金利は金利を低く設定されていますが、返済期間中に金利が上昇すれば返済額が増えてしまいます。

全期間固定金利(フラット35)

全期間固定金利は、別名フラット35と呼ばれているローン制度。借入が始まってから返済終了まで、ずっと金利が変わりません。そのため、返済計画が立てやすいことが魅力です。しかし、他金利のタイプよりも金利が高い傾向にあります。

固定金利期間選択型

固定金利期間選択型の金利は、借り入れ後、一定期間は固定金利が適用され、期間終了後は変動金利に切り替えられます。上記2つの金利が掛け合わされたような金利です。

0.1%違いは少しの違い?月々の返済額の比較

財布とお金
実際に、金利0.1%の違いはどれほどの金額になるのか、3,500万円の借り入れを全期間固定金利で組んだ場合で、月々の支払額を比較してみましょう。

3,500万円もの住宅ローンを金利1%で35年借りると、月々の支払金額は98,799円となります。(繰り上げ返済やボーナス払いはなし)
一方金利0.9%だと、月々の支払金額は97,177円と変わります。

2つの差額を計算すると、98,799円-97,177円=1,622円
同じように3,500万円借り入れ返済しても、月々1,622円もの差が生まれる結果となります。

総支払額を計算すると数十万円の違いに…

資金繰り(通帳とお金)
月々の支払いが1,600円程度の違いであれば、「1,600円くらいの違いなら大丈夫」と思う人もいるか、もしれません。しかし、住宅ローンは35年間も続く支払いとなるため、総支払額の差は大きな金額になってしまうのです。

先ほどの金利1%と0.9%の例で再度計算してみましょう。
3,500万円を金利1%で住宅ローンを組んだ場合、総返済額は4,152万円。
3,500万円を借り入れましたが、金利部分で650万以上もの費用が上乗せされていることもポイントです。

一方で、3,500万円を金利0.9%で住宅ローンを組んだ場合、総返済額は4,084万円。
2つの総支払額の差は4,152万円-4,084万円=68万円
月々の支払いはたったの1,600円でしたが、35年間だと60万円以上もの差がついてしまうのです。

住宅ローンを組む際に注目すべきなのは金利!

たかが0.1%ですが、住宅ローンの金利の0.1%の重みはわかっていただけましたか?住宅ローンを組むうえで、一番に注意をしなければならないのは金利です。
たくさんある銀行の中で、金利が高い銀行と低い銀行では、1%以上の差がついてしまうことはよくあること。「施工会社が勧めてくれたから」「つき合いのある銀行だから」という理由で、住宅ローンの契約をしてしまうと、数十万以上の損をしてしまうことも考えられます。
無駄な費用を払わずに済むように、銀行の金利はネット銀行も含めて、しっかりとチェックしましょう。

鳥取の平均所得は○○○万円!注文住宅の相場価格は?

平均所得(夫婦の資金計画)
最後に鳥取県の平均所得で、住宅ローンについて考えてみましょう。
鳥取県の調査によると、鳥取県の平均月収は約28万円で、年収は約340万円です。先ほど例にあげたように、3,500万円の住宅ローンを金利0.9%で組むと、月々の返済額は97,177円。実に月収の1/3以上が住宅ローンの返済となるため、家計が苦しくなるかもしれません。

ちなみに鳥取県の平均建設費は約2,800万円(2018年度)なので、土地の価格などがプラスされる場合、住宅ローンの総額が3,500万に近づく人も多いかと思います。
そのため、ローンを組む前には、様々な銀行の住宅ローンの金利を調べ、総返済額などを知った上で、住宅の予算を決定してもいいかもしれません。

島根県や鳥取県で注文住宅を建てるならR+house松江・米子店へご相談ください

家族が集まるダイニングキッチン
注文住宅は自由度が高く、こだわった住まいを建てられます。しかし、こだわった結果予算オーバーとなってしまわないためにも、どれくらいの費用で自分たちの希望が叶えられるか知っておくことも重要です。
島根県松江市、安来市や鳥取県米子市、境港市でマイホームをご検討中の方は、ぜひR+house松江・米子店へ一度ご相談ください。「家づくりの勉強会」では、住宅ローンのことも知ることができますよ。あなたに最適な家を、予算内に収まるようご提案します!価格調整もお任せください。
お金 住宅ローン 制度解説 家づくりの基礎知識 注文住宅
島根・鳥取の注文住宅の価格相場は?予算の決め...
注文住宅における平屋の魅力とは?間取りや家づ...
コラム/ブログ一覧へ戻る

日程が近いイベント

おすすめの事例

無料の"個別相談"をほぼ毎日開催
「お金はどれくらいかかるの?」「どんな土地を探せばいいの?」など、家づくりに関する気になることやお悩みは、まずは何でもお気軽にご相談ください!住宅のプロが丁寧にお応えいたします。

営業時間 10:00~17:00(水曜定休日)