松江市・米子市周辺で建築家と建てる高性能な注文住宅
カタログを<br>請求する

カタログを
請求する

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを<br>請求する

カタログを
請求する

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

鳥取県鳥取市の気候を解説!鳥取の積雪量でも快適に過ごせる家づくりのコツ

家づくりノウハウ
公開日:2024.01.24
最終更新日:2024.01.29
家づくりノウハウ
公開日:2024.01.24
最終更新日:2024.01.29

鳥取県鳥取市の気候を解説!鳥取の積雪量でも快適に過ごせる家づくりのコツ

雪が積もった気密断熱住宅
鳥取県鳥取市で家を建てる際は、気候についてしっかり確認しておきましょう。湿気と積雪が多い鳥取市で快適な住まいを作るためには、湿気対策と積雪対策がポイントです。この記事では、鳥取県の気候の特徴を解説するとともに、鳥取市内で家を建てる際の注意点を紹介します。

目 次

鳥取県鳥取市の気候の特徴は?

木目の格子がアクセントの外観
鳥取県鳥取市は日本海型の気候に属します。平野部の平均気温は14~15℃、年間降水量は約2,000mmです。日照時間は1,700時間前後で、雨や曇りの日が多いでしょう。冬は非常に厳しく、平野部の1~2月の積雪量は20~40cmに達します。年間を通して湿度が高く、比較的ジメジメした地域です。続いて、月ごとの気候の特徴を解説しましょう。

1月・2月

家の積み木に降る雪
この季節は寒気の吹き出しに伴い、鳥取市を含む鳥取県内では連日のように雪が降ります。強い寒波が訪れた際には大雪になり、積雪による雪害が発生することもあるでしょう。

3月・4月・5月中旬

3月に入ると、春らしさが訪れます。鳥取市の平野部では3月下旬になると本格的な春が到来です。4月には高気圧と低気圧が交互に通過。天気は周期変化し、晴れの日が多くなります。ただし、日本海側で低気圧が急速に発達した場合には、天気が不安定になるでしょう。時には寒冷前線が南下して、突風が吹いたり雷雨が発生したりするほか、季節外れの寒波で雪が降ることもあります。

5月下旬・6月・7月

水害
5月上旬・中旬は気候が安定しますが、年によっては低温・長雨になることも。下旬になると雨の日が多くなります。鳥取県の梅雨入りは、平年6月6日頃です。6月下旬になると本格的に梅雨入りし、7月中旬にかけて梅雨の最盛期となります。この時期は梅雨前線が山陰地方で活発化することが多いため、局地的に大雨が降り、土砂災害や水害が発生する恐れもあります。また、梅雨末期には雷を伴う大雨が降ることもあるでしょう。7月下旬には本格的に夏が到来します。

8月・9月

7月下旬から8月上旬にかけては、最も気温が高くなり、雨の多い鳥取市でも晴れの日が多くなります。8月中旬を過ぎると夏が峠を越し、天気は周期変化するようになります。また、8月9月は台風が最も接近する月です。8月下旬の台風は南寄りの強風となり、雨量は比較的少ないのが特徴。9月の中旬と下旬になると、鳥取県に影響を及ぼす台風が多数発生し、大きな風水害を起こすこともあります。

10月・11月・12月

10月になると、秋晴れの日が持続することが多くなります。10月下旬には時折上空に弱い寒気が入るため、しぐれが始まります。11月には曇りや雨の日が多くなり、あられが降るようになるでしょう。11月下旬ともなると1日の平均気温が10℃以下になり、冬らしい天気になります。例年平野部での初雪は12月5日頃です。

参考元:鳥取県「鳥取県の気象概況」

>>鳥取市の水害・液状化・地震のリスクは?注文住宅の耐震・水害対策も併せて解説

鳥取市で快適に過ごすための家づくりのポイントは

暖炉がある木目のLDK_大きな窓から庭が見渡せるLDK
鳥取市は年間を通して湿度が高いため、家を建てる際は防湿を万全に行うことが大切です。また、積雪が多い地域でもあるので、寒さや雪に耐えられる家づくりをしましょう。ここからは、鳥取市で快適に過ごす家づくりのために必要なポイントを解説します。

防湿対策を行う

窓の結露
鳥取市で家を建てる際、防湿は欠かせません。適切な湿気対策を行わないと家の劣化が早まるだけでなく、住んでいる人の健康に悪影響を及ぼす恐れも。

まずは家全体の換気を確保するために、風が通りやすい設計にしましょう。具体的には

・開放的な間取りにする
・窓や換気扇の設置場所を考える

などの対策で家の通風性を高め、室内の湿度をコントロールすることが大切です。特にキッチンや浴室など、湿度の高い場所には換気扇や換気口といった換気システムを設置するようにしましょう。

また、家の断熱性を高めることもポイント。断熱性を高めることで外部からの湿気の侵入を防ぐだけでなく、家の中の湿気を逃すこともできます。

家を建てる際の建材選びや断熱材選びも大切です。建材は吸湿性・通気性の良いものを選ぶようにしましょう。珪藻土やシラス壁など、優れた調湿能力を持っている建材を選ぶのも一つの方法です。

また、適切な断熱材を選んで家を建てることで室内と外気の温度差が調和されるので、湿気の侵入が制限できます。さらに防水・透湿シートやシーリングの適切な使用も、湿気対策に効果的です。

いずれも大切なのは施工精度です。十分な知識と技術を持っている業者を選ぶようにしましょう。

積雪対策を行う

白と黒の箱がドッキングした家
鳥取市のような寒冷地に家を建てる場合は、積雪対策も必須です。特に屋根に多く雪が積もるため、屋根に雪がたまらないような造りにしましょう。雪が多い地域では、主に以下の2つの住宅が主流です。

落雪式住宅

屋根の傾きを急にすることで、雪が屋根の上から自然に滑り落ちるようにした住宅。

耐雪式住宅

雪の重みにより家がつぶされないよう、柱や梁、壁を頑丈に設計した住宅。

落雪式住宅の場合、屋根に積もった雪が下へと落ちるので、1階部分が雪で埋まり、自然光が入らなくなります。そのため、リビングは2階に設け、1階は物置や車庫など、自然光が不要なスペースにするとよいでしょう。

また、屋内に洗濯物を干せる空間を作り、天候に関係なく洗濯ができる家にしておくと安心です。そのほか、窓や玄関に雪除けを設置したり、屋根からの落雪が起きない位置にカーポートを設置したりするとよいでしょう。

さらに、外の寒さの影響を受けにくい、高断熱・高気密の住まいにすることも重要です。家の中の気密性や断熱性を高めて室内を快適な温度に保てば、光熱費の節約にも繋がるでしょう。

>>注文住宅の断熱性能が変われば室温や光熱費がこれほど違う!島根県や鳥取県で比較

鳥取市での快適な家づくりはR+house松江・鳥取・米子にご相談ください

二階にあるLDK
鳥取県鳥取市の気候に対応した家づくりでは、湿気対策と積雪対策を万全にすることが大切です。そこでポイントとなるのが業者選び。地域の気候に精通した会社を選ぶことが需要です。R+house松江・鳥取・米子は、地域密着型の工務店。鳥取市をはじめ鳥取県の気候の特徴を熟知しているので、快適な家づくりが叶います。鳥取市内で家づくりを検討している方は、ぜひR+house松江・鳥取・米子にお問い合わせください。きっと一年中快適に過ごせる家づくりが実現するはずです。
#鳥取県鳥取市#注文住宅 #新築 #R+house #高気密 #高断熱 #家づくりの基礎知識 #工務店 #寒冷地 #高温多湿

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

お金
2024.01.29

島根県松江市で注文住宅を建てるポイントは?土地の相場や地域の特徴を紹介

家づくりノウハウ
2024.01.29

鳥取県鳥取市の街並みの特徴は?おすすめの住宅デザインも紹介

家づくりノウハウ
2024.01.26

米子市周辺で新築を建てるなら一戸建てがいい?メリットとデメリットのほか米子市周辺の住まい情報もご紹介

家づくりノウハウ
2024.01.26

【2022年度版】住宅借入金等特別控除とは?松江市・米子市周辺の住宅ローンも紹介!

前へ
【2023年最新】鳥取市の保育園・幼稚園一覧!特徴や費用などをまとめて解説
鳥取県鳥取市の街並みの特徴は?おすすめの住宅デザインも紹介
次へ
【2023年最新】鳥取市の保育園・幼稚園一覧!特徴や費用などをまとめて解説
鳥取県鳥取市の街並みの特徴は?おすすめの住宅デザインも紹介

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

Instagramで投稿している写真をご紹介します。

お問合せ
個別で家づくりのご相談を承ります。

R+house松江
住所
島根県松江市本郷町1-27
営業時間
09:00~17:00
休業日
水曜日、GW・年末年始
R+house米子
住所
鳥取県米子市上福原4丁目1番15号
営業時間
09:00~17:00
休業日
水曜日、GW・年末年始
R+house鳥取
住所
鳥取県鳥取市千代水4丁目70
営業時間
09:00~17:00
休業日
水曜日、GW・年末年始