TOP

ADVANTAGE
ハウジング・スタッフ株式会社 家づくりの強み・こだわり

戸建住宅の外観
R+house米子・松江
の家づくり

どの工程も手を抜かない!その姿勢が満足度の高さに直結|R+house松江・米子
 
私たちハウジング・スタッフ株式会社は、山陰エリアを中心に高気密・高断熱・高耐震の家づくりを提案している住宅会社です。R+house松江とR+house米子の2つの店舗を拠点に、地域の気候に適した家づくりを意識し、建築家とつくる家づくり「R+house」を軸に展開しています。
家の性能やデザイン、土地案内、資金計画など、「R+house」としての特徴や、私たちだからこそできる強みやこだわりを、詳しくご紹介していきます。

家の性能のよさ=光熱費の削減につながる

現在、電気代の高騰を実感している人も多いでしょう。実際、今と3年前では、電気代に大きな差があるはず。電気やガスを使ったときにかかる光熱費は、生活するうえで必ず発生し、家計に大きな影響を及ぼします。光熱費の節約に効果的なのは、光熱費をかけなくても快適に過ごせる住宅をつくること。

高気密・高断熱とは家の性能を表す言葉で、車でいう燃費のようなものです。燃費のいい車を買うことで、ガソリン代の節約になるのと同じく、高気密・高断熱の家をつくることで、光熱費の節約につながります。

高断熱・高気密|快適な家かどうかの指標

住宅の断熱性能は、「UA値」という指標で表します。UA値が小さければ小さいほど、断熱効果が高い家ということです。現在松江市や米子市のある山陰エリアの断熱基準はUA値0.87ですが、R+houseは未来基準の0.46という数値となっており、高断熱な家づくりを行っています。
UA値

住宅の気密性能は、C値という指標で表されます。C値の数値がゼロに近いほど、隙間の小さい高気密の家ということ。日本の住宅の目標は5.0(㎠/㎡)ですが、R+houseの標準は1.0(㎠/㎡)以下と、高気密であることがわかります。また、全棟気密測定を実施している住宅会社はそうないのですが、R+houseでは全棟気密測定を実施。数値で見てお客様に安心いただけるようにしています。
C値


高耐震|構造計算とパネル工法で地震に備える

地震に強い家をつくるため、R+houseは構造専門の建築士による「許容応力度計算」を全棟に行っています。さらに、建物への荷重、風圧力、地震力など、様々な角度からの解析も実施。提携の建築事務所に申請するため、一般的な価格よりも低いコストで構造計算をすることができるのもポイントです。

R+houseでは、パネル工法を採用しています。パネル工法の場合、面全体で支えるため力が分散し、横揺れ地震など横からの強い力にも耐えることができるのが大きな特徴です。使用しているのは、オリジナルのR+houseパネル。現場でパネルと断熱材を接着する形では、雨が降るなどして濡れてしまった場合、パネルの中でカビが発生してしまうこともあります。その点、R+houseパネルはパネルの中の見えなくなるところまでコーキングしており、工場圧着された状態で現場に届くため、施工中に雨が降っても問題ありません。また、パネルの素材は、飛行機や新幹線などにも使われている旭化成のネオマフォーム。軽量で安全、断熱性が高いといった特徴があり、経年劣化が起こりにくいのが魅力です。
R+パネル
R+パネル

松江・米子エリアで家づくりをする際には、高気密・高断熱を謳っているだけでなく、具体的な数値を出しているか、全棟気密測定を実施しているかを基準に確認いただくことをおすすめします。

建築家との家づくりで唯一無二のデザインを実現 

おしゃれなリビング
「R+houseの家はかっこいい」そんな理由で選んでくれるお客様もたくさんいます。R+houseのコンセプトは、建築家との家づくり。社内に在籍する建築家ではなく、独立したアトリエ建築家とこだわりの家をつくっていけるのが、R+houseの魅力です。

地域でデザインを担当している建築家の数は限られているため、必然的に設計に携わるのは限られた人のみ。そんな背景があるため、同じ地域に似たようなデザインの家が多くなってしまう傾向にあります。R+houseの場合、担当するのは全国で活躍する建築家。それが、唯一無二のデザインを叶えることができる理由です。

そもそもデザインとは、見た目のかっこよさだけではなく、問題解決という目的も含まれています。家族のくらしで叶えたい希望や問題を可視化してプラン設計し、形にしていくのが建築家の役割です。問題解決のためには幾通りの方法があるなかで、問題を解決することはもちろん、生活をよりよくするデザインを厳選して提案できるかどうかが、建築士の腕の見せ所になるでしょう。

見た目はもちろん、R+houseではパッシブデザインも取り入れています。パッシブデザインとは、建物の構造や材料などの工夫により、太陽光や風といった自然の力を建物に利用する設計手法のこと。風圧の差を利用して換気する、冬に太陽光で室温を上げるなど、機械に頼らない暮らしを叶える方法のひとつです。見た目はもちろん、パッシブデザインも考慮した家づくりを提案します。
R+houseの建築家



土地案内もしっかりサポート|生活を豊かにするための土地選び

建築予定の土地

住宅会社やハウスメーカーによっては土地案内ができず、土地が決まった状態からでしか話が進められなかったり、自社の保有する土地でしか建てられなかったりといったケースも少なくありません。それに対し、私たちは家づくりのプロとして、土地を含めてご提案しています。

家を建てるのがゴールではなく、家族の生活が豊かになっていくことがゴールのため、土地を決めるところからこだわってほしいというのが、R+houseの想い。これから先、長く生活していく場所なので、お客様にはコストだけでなく現地を見て住んだときのことまでイメージしてほしいし、私たちも暮らしていきたいと思えるエリアを提案したいと考えています。実際、知識のない状態で不動産会社に土地を提案してもらっても、場所と価格しかわからないなんてことも少なくないでしょう。土地を一緒に探すところからスタートし、造成等についてプロの目線で提案してもらえるほうが安心できるのではないでしょうか。

実際、R+houseで家づくりをする人のうち、8割以上が土地のない状態からのスタートです。家づくりにかかる総予算には、家だけでなく土地も大きく影響を与えるもの。土地にどこまで予算をかけるというところも、しっかり相談しながら検討していきます。

老後のことまでを考えた資金計画をご提案

資金計画
私たちの家づくりは、資金計画が第一のステップです。資金計画といっても、家を建てるためだけの資産計画にとどまりません、現在、老後の安定したくらしのためには、65歳で2,000万円以上の資産を保有すべきというのが政府の見解です。そこを踏まえて私たちR+house松江・米子では、住宅ローンを借りられる額という観点ではなく、家を購入後65歳に2,000万円以上の資産を残せるかどうかを見て、資金計画をしています。

また、光熱費やメンテナンス費用が余分にかかるといった状態では、長い目で見たときに多く費用がかかる可能性もあるでしょう。家にかかる光熱費やメンテナンス費なども含め、本当にお得になる家づくりをご提案します。プロジェクト予算の中でお客様の要望に応えるのは、腕のある建築家だからこそできることです。これまでのお客様も丁寧な予算設定のうえ安心して家づくりを進めることができたと好評をいただいています。

各金融機関と連携しており、優遇金利などの商品も取り扱っているので、ぜひ弊社にお問い合わせください。

<取り扱い金融機関一覧>
山陰合同銀行(https://www.gogin.co.jp/
米子信用金庫(https://www.shinkin.co.jp/yonago/
しまね信用金庫(https://www.shimane-shinkin.co.jp/
島根中央信用金庫(https://www.shimanechuuou.co.jp/
JAグループ鳥取(https://www.ja-tottori.or.jp/
JAしまね(https://ja-shimane.jp/
島根銀行(https://www.shimagin.co.jp/

度重なる打ち合わせや質の高い家づくりがお客様満足度に反映

打ち合わせの様子
完成見学会をすると、今までR+houseで家を建てたオーナーさんも見学に来られることがあります。なかには、完成見学会のたびに必ず予約してくれて、オーナーさん同士でR+house談義をされていることも…。最後に「この家も素敵だけど、自分の家が一番いいです」と仰ってくださいます。実家やアパートといった普通の性能の家からR+houseで建てた新築の家に移り住むことで、性能の良さを実感してくれるお客様もたくさん。「エアコンなしでも子どもたちがパジャマ一枚で寝られる」「冬でも子どもたちが家の中では半そでで走り回れる」といった喜びの声をよくいただきます。

家を建てることは人生で何度も経験することではありません。家が完成してからの暮らしだけではなく、建てる過程を大切に、楽しんでもらいたいですね。打ち合わせや土地の相談など、完成するまでには時間もかかりますが、一生に一度のことと楽しんでもらえるとうれしいです。実際、「打ち合わせが毎週楽しかった」「家ができたのはうれしいけど打ち合わせがなくなるのはさみしい」といった声をいただくこともあります。

どの工程も手を抜かない、これがR+house松江・R+house米子のこだわり

どの工程も手を抜かず、質の高い家づくりを追求すること。これが、R+house松江・R+house米子の家づくりのこだわりです。長いお付き合いができる関係を構築しながら、お客様の理想の家と暮らしを叶える姿勢が、高いお客様満足にも直結。家づくりの相談やお悩みがあれば、まずはお問い合わせください。