松江市・米子市周辺で建築家と建てる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

鳥取市での一戸建て住宅の維持費はどのくらい?注文住宅に住んだ場合の光熱費や税金などを徹底解説

お金
公開日:2023.11.27
最終更新日:2024.01.24
R+house松江・鳥取・米子の家づくり写真
R+house松江・鳥取・米子の家づくり写真
お金
公開日:2023.11.27
最終更新日:2024.01.24

鳥取市での一戸建て住宅の維持費はどのくらい?注文住宅に住んだ場合の光熱費や税金などを徹底解説

グレーと木目のダイニングキッチン
家を購入すると、メンテナンス費用や光熱費、固定資産税や都市計画税など、さまざまな費用がかかります。家の購入を検討している人の中には「維持費はどれくらいかかるの?」と不安に感じる人も多いでしょう。家を購入してから後悔しないために、維持費がどれくらいかかるのかしっかりと資金計画を立てておくことが大切です。

今回は、鳥取県鳥取市で一戸建てを所有した場合、「維持費がどれくらいかかるのか」についてご紹介します。鳥取市でマイホームを検討している方は、ぜひチェックしてくださいね。

目 次

鳥取市の一戸建てにかかる光熱費と税金などの維持費は?

計算機と家と円マーク
鳥取市は、海・山・川に恵まれた自然豊かな環境で、四季の移り変わりを感じながらのびのびとした生活を送ることができます。土地も比較的安く購入できるため、憧れの平屋や庭付き一戸建てを建築することもできるでしょう。

一方で、鳥取市は冬になると寒さが厳しく積雪があることも。冬は積雪対策や寒さ対策が必要です。では、鳥取市で暮らす場合、光熱費や税金はどれくらいかかるのでしょうか。ここからは、鳥取市の生活でかかる光熱費や税金について見ていきましょう。

鳥取市の光熱費はどのくらい?

公共料金の計算イメージ
鳥取県の年間光熱費がどのくらいかかるのか見ていきましょう。

電気代:約167,472円(13,956円/月)
ガス代:約57,264円(4,772円/月)
上下水道料:約63,120円(5,260円/月)
他光熱費:約15,564円(1,297円/月)
年間総額:約303,432円(25,286円/月)

参考元:鳥取県公式サイト 家計調査(1世帯当たりの年間支出金額※二人以上世帯)

上記は、鳥取県の平均価格です。家族の人数やライフスタイルによって変動するため、あくまで目安ですが参考にしてください。また2022年以降、エネルギーの高騰が続いています。今後はさらに高騰する可能性も考えられるため、高断熱・高気密の家や、太陽光パネルを取り入れた省エネ住宅が必須となってくるでしょう。

鳥取市の固定資産税・都市計画税は?

住宅と税金
土地・建物を所有すると、毎年、固定資産税と都市計画税を納めなくてはいけません。ここからは、固定資産税と都市計画税について解説します。

固定資産税とは

固定資産税とは、毎年1月1日時点で土地・建物を所有している人に課される税金です。固定資産税は以下の計算式で算出されます。

●固定資産税=課税標準額×1.5%(標準税率)

なお、固定資産税の目安は土地の場合は約70%、注文住宅の場合は請負工事費用の50〜60%が目安となります。土地の大きさや請負工事の内容によっても違いがありますが、おおよそ10万〜15万円を考慮しておきましょう。

都市計画税とは

都市計画税とは、都市計画事業や土地区画整理事業の費用に充てるため、市の区域のうち市街化調整区域内にある土地・建物に対して課せられる税金です。固定資産税と同様に、毎年1月1日時点での所有者に支払い義務が発生します。都市計画税は以下の計算式で算出されます。

●都市計画税=課税標準額×0.1%(標準税率)
※標準税率は市町村ごとに異なり、上限額は0.3%です。

都市計画税の目安は、3万〜5万円です。なお、固定資産税も都市計画税も減税措置が設けられています。条件を満たすことで節税できますので積極的に活用しましょう。

参考元:固定資産税・都市計画税の概要 鳥取市公式サイト

建物を維持するための費用とは?

庭がフェンスで囲われた黒と木目の外観
せっかく購入したマイホームですので、「長く大切に住みたい」と考える人も多いでしょう。できるだけ長く快適に暮らすためには、リフォームやメンテナンスが必要不可欠です。また、木造住宅の場合、メンテナンスやリフォームにかかる費用が30年間で400〜800万円程度と言われています。内容によっては、一度の修理費用が数十〜数百万円かかることも。そんな不測の事態に備えて、日頃から修繕積立金を貯金しておくことがおすすめです。ここからは、建物を維持するために必要な費用について解説していきます。

リフォーム・メンテナンスに必要な費用

リフォームを考える夫婦と電卓
新築住宅も10年を経過するころには劣化が目立ち始め、修理が必要になってくるでしょう。建物は、外的要因や経年劣化によって想像以上のダメージを受けています。そのため、適切なタイミングでメンテナンスを行うことが非常に重要です。以下では、戸建てにおける主なメンテナンス内容・時期・費用についてご紹介しますので、今後の参考にお役立てください。
戸建てにおける主なメンテナンス内容・時期・費用の表
参考元:国土交通省「リフォーム内容と価格について」

防蟻(シロアリ)対策

木造住宅の場合、シロアリが木材を食べてしまうことで家の耐久性が低下し、耐震強度に影響を及ぼす恐れがあります。シロアリ被害を防ぐためにも、防蟻対策は必ず行いましょう。特に重要なのは新築時の対策です。建築基準法には「必要に応じて防蟻措置を講じなければならない」と定められており、新築を建てる際にはこの基準を満たす必要があります。なお、防蟻対策には以下のような方法があります。

●点検しやすいつくりにする
●侵入経路に対策をする
●シロアリ対策用の木材を使用する
●防蟻シートを床下に張る
●バリア工法を施す

シロアリ対策は入居後でも可能ですが、処理できる範囲が限られます。また、薬剤は人体に有害な場合があるため、新築時に対策を行うのが最善でしょう。シロアリ対策の費用は、1坪あたり6,000~10,000円が相場です。業者によって異なりますが、施工会社が提携している場合が多いので確認してみましょう。

参考元:公益社団法人 日本しろあり対策協会

鳥取市で重要な積雪対策

鳥取市では毎年12月を過ぎた頃から降雪が見られ、多いときには積雪量が30cmを超えることもあります。雪の重みで屋根が歪んでしまったり、扉が開けられなくなったりする恐れがあるため、積雪対策を講じておくと安心です。また、屋根の上の雪を下ろす「雪下ろし」作業は、危険を伴う大変な作業です。老後を安心して暮らすために、積もった雪が自然に落下する「落雪式屋根」や、雪の重みに耐えられる「耐雪住宅」を検討してみてはいかがでしょうか。

鳥取市で注文住宅を建てる際の注意点

家と注意点
注文住宅のメリットは、理想の家づくりができることです。そのため、多くの人が理想や希望を持って家づくりを行います。しかし、「あれもこれも」とこだわってしまうと、あっという間に予算オーバーしてしまいます。また、一戸建てを維持するには年間40万円ほどの費用がかかり、それに加えて月々の住宅ローン、光熱費、保険料などが必要です。家の支払いが家計を圧迫しすぎて「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないために、本当に必要なものを見極めて家づくりを行いましょう。

維持費を抑えるために家づくりのタイミングで対策できること

太陽光パネル
家づくりのタイミングで対策をとっておくと、設備を長持ちさせたり、維持費が抑えられたりする可能性があります。ここからは、新築時におすすめの対策についてご紹介します。

太陽光パネルを維持するための対策

自家発電や省エネ住宅が注目されるようになり、太陽光パネルを設置する家が年々増加しています。太陽光パネルは導入費用がかかるものの、寿命が長く20年程度は持つと言われています。経年劣化による損傷も比較的少ないため、故障やトラブルも少なく高性能な設備です。しかし、太陽光パネルの劣化や故障は素人目では判断できません。そのため、専門業者に定期的なメンテナンスを依頼することが必要不可欠です。

維持費が抑えられる資材選び

維持費を抑えるためには、耐久性の優れた資材を選ぶことがおすすめです。耐久性に優れていると、メンテナンスの回数を減らせる、修理費用がかからないなどのメリットがあります。特に屋根と外壁は、10年を経過する頃には劣化が目立ち始めますので、耐久性に優れた素材を取り入れると良いでしょう。例えば、「ガルバリウム銅板」は耐久性・防火性に優れ、錆びにくい素材です。耐久年数は20年以上となっているため、外壁と屋根にかかる維持費を削減し外観を美しく保つことができます。このように、家づくりのタイミングで、ランニングコストを考慮すると維持費を大幅に抑えることができます。

新築のアフターメンテナンスを利用する

施工会社を選ぶときは、アフターメンテナンスの充実さが一つのポイントになります。アフターメンテナンスが充実している会社は、長期にわたりサポートしてくれたり、万が一何かあっても24時間365日受付してくれたり、安心感の高いサービスを受けることができます。一方で、アフターメンテナンスが充実していない会社の場合、家に何かあったらその都度リフォーム業者に依頼しなくてはいけません。

参考元:R+ハウスアフターサポートプログラム

R+houseでは、建築中から引き渡し後まで安心して家づくりを行えるよう保証サービスをご用意しています。また、60年間にわたって家を守るアフターサポートプログラムも充実しているため、万が一のときも安心です。気になる施工会社があるときは、必ずアフターメンテナンスについて確認しておきましょう。

鳥取市で注文住宅を建てるならR+house松江・米子へ!

白い外壁に木目が映える外観
今回は、マイホーム購入後に必要な維持費についてご紹介しました。家づくりにおいて、資金計画を立てることは非常に重要です。なかなか人には相談しにくい「お金の話」ですが、R+house松江・米子では、専門家がしっかりとアドバイスを行います。無理のない資金計画を立てて、一緒に理想の住まいを造りましょう。

>>鳥取市での家づくりは資金計画が重要!詳しくはこちら
#鳥取県鳥取市#省エネ住宅 #注文住宅 #新築 #R+house #エコな暮らし #資金相談 #住宅維持費 #家づくりの基礎知識 #保険・保証・アフターサービス #工務店 #自然が多い

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house松江・鳥取・米子の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.11

米子市でおしゃれな新築平屋を建てよう!建築事例もご紹介します

R+house松江・鳥取・米子の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.10

ZEH住宅は米子市・松江市の注文住宅向き?メリット・デメリットを詳しく解説

R+house松江・鳥取・米子の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.10

子育てにもぴったり!公園に行きやすい松江市のおすすめ宅地4選

R+house松江・鳥取・米子の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.10

注文住宅のメリット・デメリットと費用!松江市・米子市周辺のおすすめエリアも紹介

前へ
鳥取市の治安は?安心した家づくりができるエリアとは
鳥取市の建築相場と坪単価まとめ!自分の年収でできる家づくりとは?
次へ
鳥取市の治安は?安心した家づくりができるエリアとは
鳥取市の建築相場と坪単価まとめ!自分の年収でできる家づくりとは?

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのモデルハウス
私たちのモデルハウスをご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

R+house松江・鳥取・米子の家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

R+house松江・鳥取・米子の家づくり写真

お問合せ
個別で家づくりのご相談を承ります。

R+house鳥取
住所
鳥取県鳥取市千代水4丁目70
営業時間
09:00~17:00
R+house松江
住所
島根県松江市本郷町1-27
営業時間
09:00~17:00
R+house米子
住所
鳥取県米子市上福原4丁目1番15号
営業時間
09:00~17:00