松江市・米子市周辺で建築家と建てる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

米子市に水害発生リスクはある?注文住宅におすすめのエリアをご紹介

家づくりノウハウ
公開日:2022.12.27
最終更新日:2024.01.24
R+house松江・鳥取・米子の家づくり写真
R+house松江・鳥取・米子の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2022.12.27
最終更新日:2024.01.24

米子市に水害発生リスクはある?注文住宅におすすめのエリアをご紹介

住宅(水災被害)
昨今、全国各地で報告されている台風や大雨による自然災害。新築一戸建てのマイホームを建てる土地探しの際には、「津波や河川の氾濫による水害の心配がないエリアに家を建てたい」とお考えの方も多いでしょう。今回は、鳥取県米子市周辺の水害発生リスクについてまとめました。住み心地のいい家づくりに重要となる、注文住宅の土地選びのコツとおすすめエリアもあわせてご紹介しましょう。

目 次

米子市の自然環境の特徴

米子市街地 米子港 鳥取県米子市
米子市は、日本海と中海に面している地域です。市内中心部には、小松谷川や法勝寺川が合流して日本海へとつながる日野川が流れています。日野川の水は、人々の暮らしや農業に必要不可欠な生活用水です。渇水が生じるおそれがあるときには、関連機関が十分な情報共有を行い、安定して高い水質の水を供給できるよう努めています。
米子市の東側や南側には、孝霊山と大山の山すそや標高が低めの山々が点在していますが、市内の大半は平坦な土地です。夏は短く、年間を通じて湿度が高めの地域ですが、内陸部の地域よりは冬場の気温が下がりにくくなっています。ただし、海沿いの地域ではあるため、強風には注意が必要です。

参考:米子市HP「市の概要」
参考:米子市・日吉津村「洪水ハザードマップ」
参考:米子市西部「洪水時に利用可能な緊急避難場所」

米子市で水害が発生しやすい場所と過去の災害事例

米子市役所のホームページで公開されている水害ハザードマップを参考にし、水害が発生しやすい場所をまとめました。過去にあった災害事例も確認しておきましょう。

日野川

米子市を代表する河川である日野川の周辺地域では、江戸時代ごろから梅雨の長雨や台風による洪水被害が多数記録されています。1885年には雪どけ水、1893年には暴風雨、1918年には台風によって日野川土手が決壊しました。
しかし、1918年に起こった日野川の氾濫を機に行われた土手の改修工事が完了して以降、日野川の大きな氾濫は記録されていません。

法勝寺川

日野川へと流れる法勝寺川は、日野川と同様に氾濫を繰り返してきた河川です。また、2006年と2011年に起こった洪水の際には、法勝寺川と合流する小松谷川から流れてきた水を排水しきれず内水氾濫を起こしました。
大雨によって氾濫する恐れがあるときには、上流に設置されているダムによって法勝寺川の水位を下げる措置がとられます。

加茂川

加茂川は、川幅の狭さからたびたび氾濫を起こしてきた河川です。1934年には中海へと水を流す新加茂川がつくられましたが、その後も大雨の際に堤防の決壊を繰り返したため、1965年以降に川幅を広げる工事や放水路の整備が行われています。
しかし、1990年、1991年、1996年、2003年と平成の時代に入ってからも台風や梅雨前線の影響を受けて氾濫や浸水被害が起こっているため、大雨の際には十分警戒すべき地域といえるでしょう。

参考:米子市HP「米子市洪水ハザードマップ」

米子市で水害が発生しにくい高台の場所は?

住宅のミニチュアと洪水ハザードマップ
水害ハザードマップでは、米子市で最も大きな河川である日野川の周辺で、0.5~3mと広い範囲の浸水が予想されています。大雨の際には、福生中学校や車尾小学校などの緊急避難場所の2階以上か、上流地点にある米子市埋蔵文化財センターあたりの高台まで登っておくと安心です。
そのほか、法勝寺川の周辺では小松谷川との合流地点にある永江公民館、加茂川周辺であれば成実公民館が避難しやすい高台といえるでしょう。

家づくりでできる水害対策とは?

新築で一戸建ての住宅を建てる際には、あらかじめ水害ハザードマップを確認しておくことが大切です。事前にどの程度浸水する可能性があるのかを知っておくことで、水害リスクへの対策ができます。
床上浸水する可能性がある地域では、盛り土によって敷地全体を高くすることや、1階部分を駐車場にしておき居住スペースを2階以上に設けるといった対策をとっておくといいでしょう。
また家づくりを進める会社を選ぶ際に、水害対策をきちんと取り入れている住宅会社を選択することもポイントでしょう。

水害や地震で被災した場合に米子市で受けられる保険・保証

米子市では、水害や地震などで住宅が被害を受けた場合に、申請することで被災証明書が発行されます。被災証明書は、保険金の給付を受けるときに必要です。
また、災害が起こった際には被害状況にあわせて復旧・復興支援対策がとられます。2000年に起こった鳥取県西部地震では、住宅が全半壊した世帯に2万円の見舞金が支給されました。

参考:米子市HP「被災証明の取扱い」

参考:内閣府 防災情報のページ「2000年(平成12年) 鳥取県西部地震」

米子市周辺で注文住宅建てるときにおすすめのエリア

米子市ではほとんどのエリアで水害のリスクがありますが、対策をして建築することが通常です。水害対策のできる住宅会社を選びましょう。もちろん、R+house米子では水害への対策は可能です。

コスト重視の方は弓ヶ浜・伯仙・淀江エリア

海沿いを避ければ、津波・液状化などの災害への心配はほぼ必要ないでしょう。地価も比較的安いため、住宅にかけられるコストに余裕ができます。

利便性重視の方は米子駅周辺・天満屋周辺・皆生・日吉津エリア

市街地である米子駅周辺、天満屋周辺、イオンモールに近い皆生・日吉津エリアは利便性に優れています。夜間や休日に利用できる病院が3カ所あるため、子育てにも安心です。

バランス重視の方は河崎・阿倍・米子駅南方面エリア

ショッピングモールや市街地、夜間や休日に利用できる病院にもそれほど離れていません。土地を選べば災害にも備えることができます。地価は米子市の平均値前後です。利便性、子育て、災害対策としても安心なエリアです。

鳥取県で注文住宅を建てるなら「R+house松江・米子」へ!

相談する人と家の模型
鳥取県米子市における自然環境の特徴や水害のリスク、注文住宅を建てる場所としておすすめのエリアなどをまとめてご紹介しました。
米子市は河川が多く、水害のリスクが比較的高い地域です。水害への対策ができる住宅会社で家づくりをするのが良いでしょう。
「R+house松江・米子」では水害への対策もしっかりと行っております。機能性に優れ、安心して暮らすことのできる住宅を提供しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。
#鳥取県米子市#注文住宅 #新築 #土地 #R+house #土地相談 #補助金 #制度解説 #家づくりの基礎知識 #性能 #耐震 #地盤 #災害 #工務店 #海の近く

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house松江・鳥取・米子の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.25

家づくりの流れとは?島根県松江市周辺で注文住宅の購入を検討している方必見

R+house松江・鳥取・米子の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.01

家づくりでは地盤が大切!松江市での注文住宅で考えるべきポイント

R+house松江・鳥取・米子の家づくり写真
お金
2024.01.29

島根県松江市で注文住宅を建てるポイントは?土地の相場や地域の特徴を紹介

R+house松江・鳥取・米子の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.29

鳥取県鳥取市の街並みの特徴は?おすすめの住宅デザインも紹介

前へ
米子市の土地価格と相場、今後の推移は?土地選びのポイントまで徹底解説
子育てにもぴったり!公園に行きやすい松江市のおすすめ宅地4選
次へ
米子市の土地価格と相場、今後の推移は?土地選びのポイントまで徹底解説
子育てにもぴったり!公園に行きやすい松江市のおすすめ宅地4選

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

R+house松江・鳥取・米子の家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

R+house松江・鳥取・米子の家づくり写真

お問合せ
個別で家づくりのご相談を承ります。

R+house松江
住所
島根県松江市本郷町1-27
営業時間
09:00~17:00
休業日
水曜日、GW・年末年始
R+house米子
住所
鳥取県米子市上福原4丁目1番15号
営業時間
09:00~17:00
休業日
水曜日、GW・年末年始
R+house鳥取
住所
鳥取県鳥取市千代水4丁目70
営業時間
09:00~17:00
休業日
水曜日、GW・年末年始